デジタルサイネージの多様性について

デジタルサイネージと言うのはネットワークを利用して情報を発信するシステムの事で、普段の生活の中で常に何らかの方法で見る機会が増えています。
例えば、飲食店の店頭などに設置されている看板もデジタルサイネージが活用されている事も在ります。

店頭に設置されている看板は電子的な表示が可能なディスプレイで、ネットワークを利用してディスプレイに情報を送ることで、通りを歩いている人に対し、お店のアピールを行うというものです。

看板と言うと、印刷を行った静止画をイメージする人が多いのですが、デジタルサイネージは映像を送ることも出来ますし、静止画をリアルタイムに変化させるなどの多様性も在ります。

Ameba Newsの知識が一目瞭然です。

そのため、色々な情報をお店の前を歩いている人々に対して与えられると言うメリットを持ちます。

このような看板は飲食店だけではなく、歯医者さんやエステサロン、美容クリニックなど幅広い分野で活用されていますし、外国人のための多言語メニューになっているタイプ、タッチパネルを利用して見る人が自由にメニューを選べるタイプなども在ります。

デジタルサイネージをご紹介します。

また、駅などの公共施設の中にも路線情報や電車の運行状況などをリアルタイムで知らせる電子看板や電車内に設置されているディスプレイから送り出される情報もデジタルサイネージになります。



このように、身の回りには多数の場所で、様々なディスプレイや表示機器が設置されており、広告や情報が提供されると言うデジタルサイネージが活用されています。